当院スタッフの講演・学会発表announcement

平成30年

  • 第36回日本受精着床学会学術講演会 平成30年7月26〜27日 於 千葉市

    「遠心沈降を用いない精子調整法による人工授精の成績」
    辰巳賢一、堤麻衣、内田崇史、金井裕子、濱崎祐希、信田萌美、柴尾友里恵、東麻梨江、飯田理也

  • 第22回神戸MARE研究会 於 神戸市

    「ART時代における一般不妊治療を考える」
    辰巳賢一

平成29年

  • 第38回日本エンドメトリオーシス学会 平成29年1月21〜22日 於 東京都

    ディベートセッション「子宮腺筋症にはARTか手術か」
    辰巳賢一

  • 第5回Fukui Art and Reproductive Medicine研究会 平成29年5月27日 於 福井市

    特別講演 「最近の不妊治療の話題 「排卵誘発」と「年齢因子」」
    辰巳賢一

平成28年

  • 埼玉妊活セミナー2016 平成28年2月28日 於 越谷市

    「不妊治療事始め」
    辰巳賢一

  • 世田谷区・玉川産婦人科医会合同学術講演会 平成28年11月17日 於 東京都

    「最近の不妊治療の考え方—年齢因子と排卵誘発」
    辰巳賢一

平成27年

  • 日本A-PART学術講演会2015 平成27年3月22日 於 東京

    「一般不妊治療から高度生殖医療へのタイミング」
    辰巳賢一

  • 第33回日本受精着床学会学術講演会 平成27年11月26日~11月27日 於 東京

    ワークショップ「ARTでのホルモン補充―黄体ホルモンと卵胞ホルモン―」
    演題名:「ARTにおけるホルモン補充―個別化の必要性について」
    辰巳賢一

  • 第33回日本受精着床学会学術講演会 平成27年11月26日~11月27日 於 東京

    「全胚凍結周期における黄体持続期間についての検討」
    発表者:内田崇史、金井裕子、濱﨑祐希、堤 麻衣、辰巳賢一

平成26年

  • 第34回不妊カウンセラー 体外受精コーディネーター養成講座 平成26年5月31日 於 東京

    「ART時代だからこそ 一般不妊治療の再評価」
    辰巳賢一

  • 産婦人科臨床懇話会 不妊治療2014 平成26年8月16日 於 横浜市

    「年齢因子」
    辰巳賢一

  • 第2回JISART生殖医療サマーフォーラム 平成26年9月6日 於 東京

    「不妊治療総論」
    辰巳賢一

  • 第59回日本生殖医学会学術講演会 平成26年12月4日~12月5日 於 東京

    「過去10年間の自然周期人工授精17,830 周期の検討」
    本田徹郎、信田萌美、浪江可奈子、濱﨑祐希、金井裕子、堤 麻衣、辰巳賢一

  • 第59回日本生殖医学会学術講演会 平成26年12月4日~12月5日 於 東京

    「排卵直前と直後のAIH妊娠率には差がない」
    堤 麻衣、信田萌美、浪江可奈子、濱﨑祐希、金井裕子、本田徹郎、辰巳賢一

  • 第14回世田谷区医師会医学会 平成26年12月6日 於 東京

    「生殖補助医療(ART)の成功率に女性年齢が及ぼす影響」
    本田徹郎、飯田理也、東 麻梨江、柴尾友里恵、信田萌美、西川朋子、浪江可奈子、濱﨑祐希、金井裕子、堤 麻衣、籠田文夫、辰巳賢一

平成25年

  • 第10回 日本周産期メンタルヘルス研究会 平成25年11月9日 於 東京都

    「女性の妊孕性と、不妊治療の現状と問題点」
    辰巳賢一

  • 第12回 生殖バイオロジー東京シンポジウム 平成25年6月23日 於 東京都

    「着床率をいかにして上げるか―私の提言」
    辰巳賢一

  • 第384回 足立区産婦人科医会合同学術講演会 平成25年3月8日 於 東京都

    「不妊の年齢別治療戦略―一般不妊治療とARTをどう使い分けるか」
    辰巳賢一

平成24年

  • 第7回Ob-Repro Network研究会 平成24年9月13日 於 東京都

    「不妊の年齢別治療戦略」
    辰巳賢一

  • 産婦人科臨床懇話会 不妊治療2012セミナー 平成24年8月18日 於 横浜市

    「排卵誘発」
    辰巳賢一

  • 第19回岡山ARTフォーラム 平成24年7月14日 於 岡山市

    「年代別不妊治療戦略」
    辰巳賢一

  • 第1回広島生殖医療研究会 平成24年6月16日 於 広島市

    「一般不妊治療をARTをどう使い分けるか」
    辰巳賢一

平成23年

  • 第15回勝川ART研究会 平成23年11月5日 於 名古屋市

    特別講演 「不妊患者の年齢別治療戦略」
    辰巳賢一

平成22年

  • 第9回東海不妊内分泌研究会 平成22年1月30日 於 浜松市

    「一般不妊治療の可能性と限界」
    辰巳賢一

  • 第8回京都大学健康科学フォーラム 平成22年2月13日 於 東京都

    「不妊治療最前線」
    辰巳賢一

  • 「後天性精路通過障害による精液所見悪化患者でのTESE-ICSIの成績」
    (岡田弘、越田光伸、志馬裕明)、辰巳賢一、(寺井一隆、小堀善友)
    「調節卵巣刺激および排卵誘発における、ペン型注入器を用いたリコンビナントFSH製剤の在宅自己注射の多施設での検討―患者の受け入れと安全性―」
    (石川元春、宇都宮隆史、岡本純英、小田原靖、神谷博文、京野廣一、蔵本武志、塩谷雅英、高橋克彦)、辰巳賢一、(田中温、見尾保幸、森本義晴、渡邉浩彦)
    「胚移植カテーテルの外径は妊娠率に影響を与えるか」
    金井裕子、濱崎祐希、西川朋子、劉頴、籠田文夫、辰巳賢一

  • 産婦人科臨床懇話会セミナー 不妊治療2011 平成22年8月28日 於 東京

    「タイミング指導とPCT・IUIの位置づけ」
    辰巳賢一

  • 第55回日本生殖医学会 平成22年11月11日 於 徳島市

    シンポジウム『これからの日本の不妊治療を考える』
    「一般不妊治療の限界と今後」
    辰巳賢一

  • 第3回福井生殖生物学・医学研究会 平成22年11月24日 於 福井市

    「Evidenceに基づいた一般不妊治療―一般診療所における不妊治療の可能性と限界」
    辰巳賢一

平成21年

  • 第8日本不妊カウンセリング学会 平成21年6月5日 於 東京都

    シンポジウム『一般不妊治療を考える』
    「自然に近く負担の少ないAIHを見直そう」
    辰巳賢一

  • 第27回日本受精着床学会 平成21年8月6日 於 京都市

    「腫瘍を有する単精巣からの精子採取とICSI」
    (岡田弘、寺井一隆、小堀善友、新井学、丸山修、江幡正悟、越田光伸、志馬裕明)、辰巳賢一、(小田原靖、塩谷雅英)
    「Polycystic kidney diseaseに合併したimmotile spermatozoaの一例
    (寺井一隆、藤目真、江幡正悟、丸山修、出居貞義、飯野好明)、辰巳賢一、(岡田弘)

  • 第54回日本生殖医学会 平成21年11月22日 於 金沢市

    「modern ART時代の脊髄損傷による射精障害患者の挙児戦略」
    (寺井一隆)、辰巳賢一、(永井泰、飯野好明、出居貞義、塩谷雅英、江幡正悟、丸山修、小堀善友、岡田弘)
    「精液所見が急性悪化した症例の治療戦略」
    (岡田弘、小堀善友、芦沢好夫、新井学)、辰巳賢一、(永井泰、飯野好明、出井貞義、塩谷雅英、越田光伸、丸山修、江幡正悟、寺井一隆)

  • 第9回世田谷区医学会 平成21年12月5日 於 東京都

    「当院で不妊治療を受けた13994例の転帰」
    辰巳賢一、籠田文夫、小山栄三郎、金井裕子、濱崎祐希、西川朋子、増沢奈美、劉 頴

平成20年

  • 第26回日本受精着床学会 平成20年8月29日 於 福岡

    「胚の凍結保存期間の長期化が凍結胚移植の妊娠率に及ぼす影響」
    辰巳賢一、籠田文夫、金井裕子、濱崎祐希、西川朋子

  • 第53回日本生殖医学会 平成20年10月23日 於 神戸

    「停留精巣患者におけるMD-TESEの検討」
    (岡田 弘、寺井一隆、佐藤 両、芦澤好夫、八木 宏、狩野宗英、新井 学、吉田 淳)、辰巳賢一、(塩谷雅英、越田光伸、志馬裕明、丸山 修)

  • 第35回低温医学会 平成20年11月22日 於 東京

    「Duration effects of human embryo cryopreservation」
    金井裕子、濱崎祐希、西川朋子、荒木依理、籠田文夫、辰巳賢一

平成19年

  • 第6回日本不妊カウンセリング学会学術集会 平成19年6月8日 於 東京

    シンポジウム「不妊治療の現実」
    辰巳賢一

  • 第6回生殖バイオロジー東京シンポジウム 平成19年7月15日 於 東京

    「AIHを考える」
    辰巳賢一

  • 産婦人科臨床懇話会セミナー 不妊治療2007 平成19年8月18日 於 東京

    「不妊治療におけるIUIの意義」
    辰巳賢一

平成18年

  • 第58回日本産科婦人科学会学術講演会 平成18年4月24日 於 横浜

    卒後研修プログラム「Poor responderの排卵誘発」
    辰巳賢一

平成17年

  • 日研シンポジウム  平成17年3月12日 於 東京

    シンポジウム「生殖医療における多胎防止策」
    辰巳賢一

  • 日本産科婦人科学会関東連合地方部会学術集会 平成17年6月12日 於 東京

    ランチョンセミナー 「38歳、不妊。子宮腺筋症による月経困難と過多月経が著しい。こんな時どうする。」-ART Ultra long protocolなど
    辰巳賢一

  • 臨床懇話会不妊治療2005セミナー 平成17年8月20日 於 東京

    「不妊原因の検索はどこまでおこなうべきか」
    辰巳賢一

  • 21世紀のARTを考える会 平成17年9月30日 於 東京

    「子宮腺筋症合併不妊の取り扱い」
    辰巳賢一

平成16年

  • 長野県産婦人科医会  平成16年10月24日 於 長野

    特別講演「不妊治療―最近の考え方」
    辰巳賢一

平成15年

  • 臨床懇話会不妊治療2003セミナー 平成15年8月23日 於 東京

    「AIH」
    辰巳賢一

平成14年

  • 不妊治療に関する講演会 平成14年3月17日 於 福井

    「最近の不妊治療 -初診から体外受精まで-」
    辰巳賢一

  • 日本生殖医療研究会公開討論会 平成14年11月16日 於 東京

    「一般不妊治療でどこまで妊娠可能か」
    辰巳賢一

  • 第6回茨城ART臨床懇話会市民公開講座 平成14年11月24日 於 つくば

    「安心して受けられる不妊治療―検査から体外受精まで―」
    辰巳賢一

平成13年

  • 関東・静岡合同温知会 平成13年3月25日 於 東京

    「最近の不妊治療」
    辰巳賢一

  • 第1回中日ART Workshop  平成13年8月4日~6日 於 広州(中国)

    「凍結胚移植の臨床応用」
    辰巳賢一

  • 不妊治療2001セミナー 平成13年8月25~26日 於 東京 

    「原因不明不妊」
    辰巳賢一

  • 世田谷区産婦人科医会学術講演会 平成13年9月8日 於 東京

    「卵子、胚凍結保存の現況」
    辰巳賢一

  • あしたば不妊セミナー 平成13年11月25日 於 仙台

    「ステップアップが必要なわけ」
    辰巳賢一

平成12年

  • SSセミナー 平成12年1月9~10日 於 東京

    「産院から不妊クリニックへ」
    辰巳賢一

  • 第45回日本不妊学会  平成12年11月23から24日 於 神戸

    「TESE時精巣組織とtouch preparation cytology,生検組織診との比較検討」
    渡辺政信、五十嵐敦、麻生太行、坂本英雄、吉田英機)、金井裕子、辰巳賢一
    「TESE-ICSIが考慮される患者に対する顕微鏡下精巣内精子採取法(micro-dissection TESE)の経験」
    (坂本英雄、五十嵐敦、渡辺政信、吉田英機)、辰巳賢一

  • 第6回東京生殖医療懇談会 平成12年11月28日 於 東京 

    「不妊治療の全体像を考える-当院不妊外来妊娠2400例の分析から-」
    辰巳賢一

平成11年

  • 第4回不妊カウンセラー・IVFコーディネーター養成講座 平成11年5月29~30日 於 東京

    「初診から一般不妊治療における患者・クライアントへのサポート」
    辰巳賢一

  • 第17回受精着床学会  平成11年7月7~9日 於 熊本

    ワークショップ「不妊治療におけるARTの位置づけ」
    辰巳賢一
    「前核期胚凍結保存と初期分割胚凍結保存の比較」
    金井裕子、辰巳賢一、濱崎祐希、小山栄三郎

  • 産婦人科医臨床懇話会「不妊治療‘99」 平成11年8月21~22日 於 東京

    「不妊治療の進め方」
    辰巳賢一

  • 第44回日本不妊学会  平成11年11月11から12日 於 東京

    シンポジウム「男性不妊―産婦人科と泌尿器科との役割分担」
    辰巳賢一
    「精巣内精子診断目的としてTestiocular touch preparetion cytolotyの検討」
    (渡辺政信、北村朋之、五十嵐敦、麻生太行、坂本英雄、吉田英機、九島巳樹)、辰巳賢一

  • 第22回大学医学部医科大学倫理委員会連絡懇談会 於 東京

    パネルディスカッション「生殖医学・医療における倫理問題―実地診療の面から」
    辰巳賢一