費用について

不妊治療の検査、治療では保険が使えるものと使えないものがあります。
保険が使えない自費診療を行った場合の費用は下記の通りです。

自費診療価格表(税別)

検査
超音波検査 1,600円
血中ホルモン検査
(LH、FSH、プロラクチン、エストラジオール、プロゲステロン)
各1,500円
体外受精術前検査
(1年間有効です)
10,000円
夫感染症検査
(1年間有効です)
7,000円
AMH 5,000円
抗精子抗体検査 7,000円
子宮内膜細菌検査(ALICE)
+
子宮内膜フローラ検査(EMMA)
60,000円
ERA検査 130,000円
TRIO検査
(EMMA+ALICE+ERA)
170,000円
精液検査  2,000円
精子DNA断片化試験(DFI) 15,000円

※税抜

治療薬
クロミッド 130円/錠
レトロゾール 500円/錠
HCG10000IU  4,000円
HMG150IU 4,700円(注射日の超音波料は頂きません)
ブセレキュア 9,000円
ゴナールFペン(300IU) 18,000円(注射中の超音波料は頂きません)
プロゲデポー125mg 2,400円

※税抜

人工授精
人工授精 18,000円

※税抜

体外受精・顕微授精

所得制限や年齢制限がありますが、特定不妊治療助成制度により助成を受けることができます。
外来での卵巣刺激にかかる費用(卵巣の反応により個人差があります)

ショート法 約72,300円
アンタゴニスト法 約106,800円
クロミッド法 約52,500円

※税抜

技術料(採れた卵子の数、受精の状況により個人差があります)

体外受精―初期胚移植 290,000~310,000円程度
顕微授精―初期胚移植 360,000~410,000円程度
胚凍結を行った場合 +50,000円
2個以上の凍結は1個あたり+7,000円
体外受精―全胚凍結保存 240,000~291,000円程度
顕微授精―全胚凍結保存 310,000~401,000円程度
凍結胚移植 100,000円
(これ以外に外来での薬剤料として約15,350円かかります)
アシステッドハッチング +30,000円
二段階移植 +30,000円
カルシウムイオノフォアを用いた場合 +30,000円
TESE精子を使用した場合 +10,000円

※税抜

書類作成費用
各種診断書・証明書 3,000円
特定不妊治療助成金申請書 1,000円
自治体の一般不妊治療証明書  1,000円
不妊治療連絡カード 1,000円
母性健康管理指導事項連絡カード 1,000円

※税抜

ご予約・お問い合わせ

初診専用電話
受付時間
月~金 9:00~17:00
土 9:00~13:00

当院は完全予約制です。初診の方(診察券をお持ちでない方)はお電話にてご予約をお願いいたします。
再診の方はWEB予約または自動電話でご予約ください。(※WEB予約・自動電話は24時間受付可能)