スタッフ紹介

院長 辰巳 賢一

院長 辰巳 賢一

当院の不妊治療では、「できるだけ自然に近い妊娠」を目指しています。妊娠された方のうち40%の方はタイミング指導などの一般不妊治療によるものです。そのほか、25%の方が人工授精、35%の方が体外受精などの生殖補助医療により妊娠されています。
現在の不妊治療は体外受精を中心に行われていますが、私は不妊で悩んでおられる方の多くは人工授精までの治療で妊娠できると考えています。ただ、一般不妊治療に時間をかけすぎて、体外受精に移ったときには体外受精でも妊娠できなくなるという状況は避けなければなりません。この治療法の使い分けが、できるだけ自然に近い妊娠に結びつくための鍵だと思っています。当院では長年のデータを解析しそれぞれの方が必要最小限の治療で妊娠していただけるような治療方針を立てています。
しかし、やはり体外受精などの生殖補助医療がどうしても必要な方も多くおられます。当院では1991年から体外受精を開始し、常に生殖補助医療の最先端の技術を取り入れてきています。基本的には、卵子が多く採れそうな方には排卵誘発剤を用いた調節卵巣刺激を行い、1回の採卵でいくつかの胚を凍結保存までしたいと思っています。そのほうが自然周期より採卵あたりの妊娠率は高く、体への負担も結局は少ないと考えているからです。

資格・役職

  • 京都大学医学博士
  • 日本生殖医学会生殖医療専門医
  • 日本産科婦人科学会生殖内分泌委員会生殖医療リスクマネジメント委員会委員
  • 世田谷区産婦人科医会会長
  • 日本生殖補助医療標準化機構(JISART)副理事長
  • A-Part日本支部理事
  • 日本受精着床学会評議員
  • 日本IVF学会評議員
  • 米国不妊学会会員

経歴

昭和54年
京都大学医学部卒業
昭和54年~
京都大学医学部附属病院産婦人科研修医
昭和56年~
長浜市立病院産婦人科医員→部長
昭和60年
東京大学医科学研究所免疫学研究部客員研究員
昭和61年~
京都大学病院産婦人科医員→助手、外来副医長、病棟副医長
京都大学病院不妊外来、体外受精チームの中心メンバーとして活躍
平成2年
神戸中央市民病院産婦人科副医長
平成3年~
梅ヶ丘産婦人科副院長
平成10年~12年
厚生科学審議会先端医療技術評価部会
生殖補助医療技術に関する専門委員
平成16年1月~
梅ヶ丘産婦人科院長

副院長 内田 崇史

副院長 内田 崇史

毎日外来でたくさんの患者さまにお会いしますが、「妊娠しました」という報告を受けるときはやはり大きな喜びを感じます。一方、必ず全員が妊娠されるわけではないので難しさも感じますが、あまり深刻になりすぎないよう気を配り、患者さまをサポートすることを心がけています。不妊かもしれないと思ったら、お一人で悩まずにまずはお気軽にご来院ください。

資格

  • 日本産科婦人科学会専門医
  • 周産期専門医

経歴

平成13年
京都大学医学部卒業
平成13年〜
京都大学医学部付属病院研修医
平成15年~
倉敷中央病院産婦人科
平成18年~
倉敷中央病院産婦人科周産期部門 不妊、体外受精部門担当
平成27年~
梅ヶ丘産婦人科

ARTセンター長 齊藤 英和

ARTセンター長 齊藤 英和

日本の体外受精に黎明期から携わり、多くの難治性不妊の方の診療を行ってきましたが、2019年4月より30年来の友人である院長のもとで、月曜~金曜の午前8時~12時の外来を担当することになりました。
妊娠の報告をお聞きするときは無上の喜びですが、なかなか成就しない方もいらっしゃるなかで、何とかその方の持っている力を100%引きだしたいと思いながら常に力を尽くしています。皆さんの役に立ちたい、何とかうれしい報告をお聞きしたいという思いが原動力です。
不妊治療はまだまだ気が重いイメージがあり、共働きのご家庭が増えるなか、忙しさから受診をためらうご夫婦も多いかもしれません。しかし不妊治療は男女ともに最初の段階の検査が非常に大切になります。
また、早い段階から始めたほうが、効果が現われやすいのは揺るぎない事実です。病気の治療と違い、「1年おけばよくなる場合もある」ということは絶対にありません。早ければ早いほどよいので、不妊かなと思ったらぜひ早めにいらしてください。
早く来ることが一番の特効薬です。
海外では内科だけでなく、婦人科でもいつでも相談できるファミリードクターが当たり前になりつつあります。私自身、長年の経験を生かし、社会全体で妊娠を望むご夫婦をサポートできるよう貢献していきたいと思っています。
身体の状態は一人ひとり違います。当院はきめ細やかな診療をするクリニックですので、ぜひお越しください。

資格・役職

  • 医学博士
  • 日本生殖医学会生殖医療専門医
  • 近畿大学先端技術総合研究所・客員教授
  • 昭和大学医学部・客員教授
  • 文部科学省 科学技術・学術審議会専門員
  • 東京都特定不妊治療費助成事業実施医療機関の指定審査に係る専門医
  • 神奈川県地方創生推進会議 副座長

経歴

昭和54年
山形大学医学部卒業
昭和56年~57年
南カリフォルニア大学research fellow
昭和57年~
山形大学医学部 産婦人科助手→講師→助教授
平成14年3月~
国立成育医療研究センター不妊診療科長
平成25年11月~
国立成育医療研究センター周産期母子診療センター副センター長 兼 不妊診療科長
平成31年4月~
梅ヶ丘産婦人科ARTセンター長

ご予約・お問い合わせ

初診専用電話
受付時間
月~金 9:00~17:00
土 9:00~13:00

当院は完全予約制です。初診の方(診察券をお持ちでない方)はお電話にてご予約をお願いいたします。
再診の方はWEB予約または自動電話でご予約ください。(※WEB予約・自動電話は24時間受付可能)