患者さまへ

初診の方へ

妊娠を希望している夫婦が1年間通常の性生活を行っているにもかかわらず、妊娠しない場合を不妊(症)といいます。妻の年齢が35歳未満なら1年様子をみてもよいのですが、35歳以上なら半年間妊娠しなければ不妊クリニックを受診したほうがよいでしょう。当院は完全予約制ですので、不妊治療、男性不妊外来をご希望の方はまずはお電話でご予約ください。
TEL:03-3429-6036

先ほど述べた目安より早い時期でも、月経不順や強い生理痛などの症状がある方には早めの受診をお勧めします。月経不順や強い生理痛などの症状がある方の場合、排卵障害や子宮内膜症などが隠れている恐れがあります。
近年、排卵を基礎体温で確認することは困難であることがわかってきており、妊娠を考えるなら早い段階で排卵の状態を診断することが必要となります。妊娠を考えているのに生理に不安があるという方はぜひお越しください。

当院では40歳を超えているからといって、必ず体外受精をお勧めしているわけではありません。40歳以上でも、タイミング指導や人工授精で妊娠される方も多くいます。今まで体外受精を続けてきたけれど結果が現れず、少しステップダウンした不妊治療に挑戦してみたいという方にもいろいろとご相談にのっています。

また、今後妊娠を考えたいが、問題がないか調べて欲しいという方もお気軽にご来院ください。
詳しくはこちら

生理不順の方へ

生理不順の方は月経が始まってから排卵するまでに時間がかかります。これは体質的なものが大部分で、普段は月経があまり来なくて楽だと思っていれば良いのですが、いざ妊娠しようとすると、自分でいつが排卵日なのかわからず、排卵の回数も少なくなるので妊娠しづらくなります。 このような場合には排卵誘発剤を用いて排卵を起こして妊娠につなげるのですが、排卵誘発剤の使い方にはかなりの経験が必要で、特に多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)などの場合には多胎や卵巣過剰刺激症候群などの副作用も起こりやすいのです。 当院ではきめ細かな診察によりそれぞれの方の必要最小限の排卵誘発剤で排卵を起こし、副作用を抑えつつ高い妊娠率をあげています。 生理不順の方は自然妊娠を待っていてもなかなか妊娠できませんが、適切な排卵誘発剤を使用することにより、妊娠できる可能性は非常に高くなります。 月経不順があり妊娠希望のある方は是非早めに受診してください。
詳しくはこちら

男性不妊の疑いのある方へ

不妊治療というと婦人科のイメージがまだまだ強いようですが、不妊の原因の約半数は男性にあります。精子も年齢を重ねると運動率などが下がることがわかってきていますし、精子の状態がよくないのに妻だけが治療をしても効果が上がる可能性は低くなります。
また、勃起障害(ED)や、膣内射精障害も不妊原因の大きな割合を占めています。
当院では2003年という早い時期から、男性不妊の第一人者の医師による「男性不妊外来」を行っています。気になることがあれば、ご予約の上、仕事帰りに気軽に受診してください。男性不妊外来は毎週水曜日の午後7時からです。
詳しくはこちら

人工授精をお考えの方へ

人工授精は精液から運動性良好の精子を選別し、子宮腔に注入する手技です。痛みはほとんどありません。妊娠率はタイミング指導の2倍程度になります。
当院での精液所見の悪い症例以外にはメニコン社と共同開発したミグリスという精子選別デバイスを用いて精子調整を行っています。精子にストレスを与えることなく良好精子を集めることのできる方法です。これにより一般的に用いるパーコール遠心沈降法より高い妊娠率を得ることができています。
精液所見が悪い方はミニパーコール遠心沈降法により効率的に精子を回収して人工授精を行っています。
また、当院では原則として排卵誘発剤を用いない自然周期の人工授精を行っています。
当院の人工授精の妊娠率は40歳未満では8.2%です。
当院ではできるだけ自然に近い妊娠を目指していることから、人工授精の件数は非常に多く、全妊娠例の25%は人工授精による妊娠です。
卵管が通っており、精液所見が極端に悪くなければ人工授精で妊娠できる可能性があり、体外受精で妊娠できなくても人工授精で妊娠することもあります。体外受精をくりかえしても妊娠しない方は人工授精へのステップダウンもお考えください。
詳しくはこちら

体外受精などをお考えの方へ

体外受精は体外で精子を受精させ、受精卵(胚)を子宮に戻す方法です。
当院では平成3年から体外受精を開始し、現在までに15000を超える採卵を行っています。
それぞれの患者さんの卵巣の反応性に合わせて最も適切な卵巣刺激法や排卵誘発剤の量を決めています。
また、最先端の機器を導入し質の高い顕微授精や胚培養を行い、無精子症に対する精巣内精子を用いた顕微授精でも多くの妊娠実績をあげています。
着床障害が疑われる場合には、着床障害に対する精密検査を行い、問題があれば治療を行っています。
院長や齊藤ARTセンター長は30年以上の、内田副院長も10年近くの体外受精の実績があり、常に経験豊富な医師のもとで体外受精を受けられるのも当院の特徴です。
詳しくはこちら

二人目不妊の方へ

近年は晩婚化が進み、お一人目を30代前半で出産される方が増えているため、二人目の妊娠は30代後半、40代となり、二人目不妊に悩む方が増えています。当院ではお子様連れの方でも通院していただけるよう、通常の待合室と別に、「おやこルーム」を設けています。安心してお子様と一緒にお越しください。

ご予約・お問い合わせ

初診専用電話
受付時間
月~金 9:00~17:00
土 9:00~13:00

当院は完全予約制です。初診の方(診察券をお持ちでない方)はお電話にてご予約をお願いいたします。
再診の方はWEB予約または自動電話でご予約ください。(※WEB予約・自動電話は24時間受付可能)