不妊検査

不妊治療のためにクリニックを受診した際に行われる検査を説明してみました。

検査には、「不妊原因を調べるための検査」、「排卵時期を推定するための検査」と「その他の検査」があります。それぞれについて解説しましょう。

不妊原因を調べるための基本的な検査

不妊の最も基本的な検査は、

  • 排卵しているか
  • 卵管は通っているか
  • 精液所見に問題はないか

を調べるものです。

この3つの検査の少なくとも1つに問題がある場合、すなわち、排卵が全くない、両側とも卵管が通っていない、精液に大きな問題があるといった場合には、治療を行わなければ決して妊娠できません。不妊外来では、まずこれらの検査が行われます。

1.排卵しているかどうかを調べる検査

基礎体温

毎朝、起きた直後に婦人体温計を舌の下にはさんで舌下体温を計り、基礎体温表に記入します。低温相と高温相の2相に分かれていれば排卵があると判断します。ただ基礎体温が2相性に見えていても排卵していないこともありますし、1相性に見えても排卵していることもあります。
基礎体温の下降日が排卵日と言われてきましたが、そうとは言えません。排卵前から基礎体温が上昇する人もいれば、排卵の数日後に基礎体温が上昇する人もいます。基礎体温の高さ、上がり方、高温相の時に下降する日があるなどは妊娠するしないと関係はありません。基礎体温を見ても自分のその周期の排卵日がわかる訳でもありません。
ただ不妊治療中に、排卵したかどうかの判断や、いつ頃排卵したかの参考になることが時々あります。以前ほど重要な検査ではなくなりましたが、それなりの価値がありますのでできれば基礎体温をつけて下さい。

超音波検査による卵胞の観察

卵子は卵胞液で満たされた卵胞をいう袋に入っています。卵胞は月経が終わる頃から毎日直径が約1.5mmずつ大きくなり、直径が20mm程度になると卵胞が破れて中から卵胞液と共に卵子が腹腔内に流れ出します。これが排卵です。超音波で卵胞を観察していくと、排卵に近づくにつれて卵胞がだんだん大きくなり、排卵とともに卵胞が消えてしまうのがわかります。このように排卵前後に何回かの超音波検査をすることにより排卵を確認できます。卵子は直径が0.1mm程度なので超音波では観察できません。

黄体ホルモンの血液検査

排卵後と思われる時期に採血を行い、黄体ホルモンが3ng/ml以上あれば排卵が起こっていると判断します。欧米では排卵が起こっているかどうかを調べるための最も基本的な検査とされていますが、日本では基礎体温や超音波を用いて排卵の有無を判断することが多いようです。
以前は排卵の1週間後に黄体ホルモンの血液検査を行い、10ng/ml未満の場合には黄体機能不全と診断していました。しかし黄体ホルモンはパルス状に分泌されるため変動が大きく、黄体ホルモンが10ng/ml未満でも黄体機能不全と診断できないことがわかり、現在では黄体機能不全のための黄体ホルモンの採血は行われなくなりつつあります。

2.卵管が通っているかを調べるための検査

子宮卵管造影検査

子宮腔にカテーテルを入れ造影剤を注入し、造影剤が子宮から卵管を通り腹腔内に流れ出す様子をX線で観察します。子宮腔の形、卵管の通り具合、卵管の出口周囲や腹腔内の癒着の有無などを調べることができます。また、治療的な効果もあり、この検査後妊娠することもよくあります。
超音波に映る造影剤を用いて、造影剤を子宮に注入し、超音波で観察する卵管造影検査もありますが、X線を用いた検査に比べると精度は落ちます。
また、空気や液体を子宮に注入して卵管の通りをみるための通気、通水検査も行われていますが、卵管造影検査に比べると信頼度はかなり低くなります。
造影剤を注入する時に子宮腔が押し広げられるため痛みを伴うことがあります。

3.精液の状態を調べる検査

精液検査

マスターベーションにより精液を採取し、顕微鏡で観察し、精液量、精子濃度、精子運動率などを調べる検査です。

不妊原因を調べるためのその他の検査

ここまでの検査の結果、排卵があり、卵管が通っていて、精液所見に問題がなければ妊娠できるはずです。ところがなかなか妊娠しない場合にはどこかに「妊娠しにくい」原因があると考えられるわけです。何が原因で妊娠しにくいのかを調べるための検査について説明します。

ホルモンの血液検査

月経が数ヶ月に1回しか来ない人や、月経と月経の間隔が不規則な人は排卵が起こりにくいと考えられます。何が原因で排卵が起こりにくいかを調べるのがホルモン検査です。採血をして、脳下垂体ホルモンのFSH、LH、プロラクチン、卵巣ホルモンのエストラジオール、プロゲステロンなどを測ります。
また、甲状腺機能異常は不妊原因としては多いものではありませんが、流産の原因となることは多く、初診の段階で甲状腺ホルモンの血液検査がよく行われています。
以前は薬剤を先に注射して、ホルモンの変化をみるホルモン負荷試験もよく行われていましたが、最近はあまり行われなくなりました。

超音波検査

子宮や卵巣の状態を超音波で観察します。子宮筋腫や卵巣嚢腫の診断や、卵胞の発育状態のチェックに用いられます。お腹の上から調べる経腹超音波検査と、腟から調べる経腟超音波検査がありますが、不妊検査としては主に経腟超音波が用いられます。検査の痛みはありません。

性交後試験(ヒューナーテスト)

性交をした数時間後〜翌日に子宮の出口から頚管粘液を採取し、頚管粘液中にある精子の状態を調べます。頚管粘液の状態がよければ、性交の数日後まで頚管粘液中に精子が泳いでいるのを観察できます。検査の痛みはありません。

腹腔鏡検査

全身麻酔をかけて臍のあたりから内視鏡を腹腔内に差し込み、子宮や卵巣、卵管などを観察する検査です。腹腔鏡をしながら、青い色素を子宮内に注入し、卵管が通っているかどうかがわかります。卵管周囲や腹腔内の癒着や子宮内膜症があるかどうかなどもわかります。

子宮鏡検査

子宮腔を内視鏡で調べる検査です。子宮腔にできた子宮筋腫や子宮内膜ポリープを見つけたり切除したりできます。検査には少し痛みを伴う場合もあります。

クラミジア検査

クラミジアに感染すると卵管閉塞を起こし不妊になることがあります。クラミジアの検査は子宮頸管の擦過物をとって調べる抗原検査と血液で調べる抗体検査があります。

抗精子抗体検査

女性の体に精子に対する抗体ができることがあります。この抗体ができると、体の中に入ってきた精子を殺してしまうため自然妊娠はできなくなります。採血を行い血液中に精子に対する抗体ができているかを調べます。

排卵時期を調べるための検査

妊娠するためには排卵の時期に性交や人工授精、体外受精をする必要があります。このため不妊治療においては排卵時期を知ることが非常に重要になります。排卵時期を調べるための検査を説明します。

超音波による卵胞径、子宮内膜厚の計測

卵胞の直径は月経が終わった頃から毎日約1.5mmずつ大きくなり、直径20mm前後で排卵します。また子宮内膜も排卵頃には厚くなり、断面は木の葉の様に見えます。排卵するときの卵胞径や子宮内膜の厚さはそれぞれの人でだいたい決まっています。超音波で卵胞径を測ることにより排卵日のおおよその予測がつきます。この検査と次に述べる尿中LH検査を組合せることにより、ほとんどの人の排卵日をほぼ正確に予測できます。

尿中LH検査

排卵は脳下垂体からLHのいうホルモンが一度に大量に放出されること(LHサージ)が引き金になって起こります。このため排卵の前日に尿中LHが急に上がります。排卵検査薬はこの尿中のLHの急上昇を調べる試薬です。排卵が近くなってきた頃から尿をとってLHを調べ、陽性になった翌日あたりが排卵日になります。尿中LHを調べる試薬は薬局でも市販されています。
ただ、尿中LHから間接的に排卵時期を予測するため、この検査のみで排卵日を予測するのは難しい場合があります。月経不順の方などは毎日この検査を行っても1ヶ月間ずっと陰性という場合もあります。また人によっては排卵しているのに排卵検査薬が陽性にならない人もあり、排卵時期でもないのに排卵検査薬が陽性になることもあります。やはりクリニックで超音波検査と合わせて行うことが重要です。

頸管粘液検査

排卵が近づくと子宮の出口から透明で粘りのある粘液が多量に出てきます。この粘液の性状を観察することによりおおよその排卵日の推定が可能です。しかし、先に述べた超音波による卵胞径の計測や尿中LH検査に比べるとその精度はずっと落ちます。
ただ、月経不順がある人でクリニックを受診しない場合、自分で排卵が近いかどうかを判断するためには非常に有効な指標になります。透明なおりものが増えてきたら、その頃が妊娠のチャンスと考え性交をトライして下さい。

その他の検査

抗ミュラー管ホルモン(AMH)

数年前から行われはじめた検査で、卵巣の中にどれ位の数の卵子が残っているかを調べるための検査です。
女性は生まれる前にすべての卵子ができています。20歳で排卵する卵子は20年前に作られた卵子で、40歳で排卵する卵子は40年前に作られた卵子です。性成熟期になり排卵が始まると、毎月約1000個の卵子が最終成熟を開始し競争し、敗れた卵子はなくなっていきます。そして3ヶ月後に1個の卵子が排卵します。このように毎月多くの卵子が減っていきます。AMHは原始卵胞からすこし先の前胞状卵胞から分泌されるホルモンで、このホルモンと残っている卵子数はほぼ比例するため、残っている卵子の数を表す指標とされています。
当初は卵巣年齢を調べるための検査という言い方をされていました。確かに1人の人をとってみると年齢とともにAMH値は低下していきますが、人によりAMH値が非常に異なるため、年齢別の平均値や中央値と自分のAMHと比較して多少高くても低くてもあまり意味はありません。ただAMHが非常に低い場合には閉経が早くなる可能性があり、ステップアップを急ぐ必要があります。
またAMH値は卵巣に残っていう卵子の数を示すだけで、妊娠のしやすさを示すものではありません。AMH値が0に近いのに妊娠される方も多くおられます。
AMHは体外受精/顕微授精を行う際にどのような卵巣刺激法を選択するかを決めるための非常に重要な指標になります。

胞状卵胞数(AFC)

超音波で卵巣にどれ位の数の胞状卵胞が見えるかを調べる検査です。これも体外受精/顕微授精を行う際にどのような卵巣刺激法を選択するかを決めるための指標になります。

感染症検査

妻や夫がB型肝炎、C型肝炎、梅毒、AIDSなどに感染していて妊娠すると、生まれてくる子供が感染することがあります。また、クリニックのスタッフも感染症の血液や精液から感染するリスクもあります。このため人工授精や体外受精/顕微授精を行う場合には感染症の検査を行います。

以上、不妊外来でよく行われる検査について解説しました。