令和4年4月1日より不妊治療に保険が適用されます。

詳しくは厚労省の下記のホームページをご参照ください。

不妊治療に関する取組 ←クリック

保険を適用すると窓口での負担額が治療費の3割になります。

ただ、保険適用を受ける方は、原則として自費診療との併用(混合診療)はできなくなります。このため、これまで行ってきた検査や薬剤の一部は使用できなくなることをご了承ください。保険を適用せずにこれまで通りの検査や薬剤を使用していただくこともできます。

保険適用による不妊治療を受ける場合には、あらかじめご夫婦同席の上、治療計画書の作成が必須となります。

4月1日以後のできるだけ早い時期に診察の予約をして、ご主人様の保険証を持参の上、ご夫婦でご来院ください。

また、保険適用による人工授精や体外受精を希望される方は、治療を始める前に、ご夫婦同席の上「治療計画書」を作成することが必須となります。治療計画書作成が間に合わない場合にはその周期の人工授精や体外受精は自費となりますのでご注意下さい。

医療法人社団栄賢会梅ヶ丘産婦人科